読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナ戦士の日報

オナ禁を検証しています

オナ禁のためのオナニー【オナ禁34日目】

 オナ禁も今日で34日目になりますが、今のところオナニーに手を出そうとしたことはありません。エロ禁をしていないので性欲に苛まれることはありますが、それでもオナニーには至りません。

 ただし、私が我慢強いわけではありません。。オナ禁が続くのは、私がかつてオナニストであり、時間がかかる面倒なオナニーをしないと満足できなくなっているからです。

 今回は私がオナ禁を継続するに至った経緯と、その過程で知ってしまったオナニーについてお話しします。これを見れば、私のように、今までオナ禁するどころか却ってオナニーにどハマりしてしまった人にも希望が持てるかもしれません。

 

 私はオナ禁の存在を4年ほど前から知っており、その頃から何度かチャンレンジしていたのですが、全て失敗してしまいました。このことからも長期間オナニーを我慢するほどの意志力がないことが分かります。

 むしろオナ禁をすることにより性欲が高まった結果、普通の方法のオナニーとは違った方法を試すようになり、結果的にオナニストになってしまいました。 

 二年前に一度だけ40日間ほど射精を我慢できたことがありますが、その時は頻繁に寸止めをしていたせいか、異常に性欲が高まるばかりでオナ禁効果は得られず、むしろパフォーマンスは低下していました。

 そしてオナニストとして以下の二つのオナニーに至りました。

 

 1 チクニー+会陰部オナニー

 これは某所で見た『仰向けに寝て会陰部に空き缶を挟んでチクニーをするとドライオーガニズムできる』という書き込みを参考にしたものです。ただし私はドライオーガニズムを達成できませんでした。

 チクニーを1〜2時間ほどしても中途半端に感度が高まるだけでイケないのですが、この時に寸止めオナニーをするとすごい快感が得られます。厳密に言えば寸止めをしようとしても会陰部の空き缶にイカされて、甘出しのような射精をしてしまいます。その時の快感は通常の射精の3倍くらいはあると思います。

 このオナニーの凄さはそれだけではありません。感度が高まっているおかげか、何と逝った直後に再び射精ができます。その際には普通にしごくのですが、最高で10連続ほどのオーガニズムに達したことがあります。終わったあとは汗だくですwwww

 ※連続射精を途中で止めるにも我慢が必要なので、意志も心臓も弱い方がやるとテクノブレイクする恐れがあります

 

2 シャワー亀頭オナニー

 その名の通り亀頭にシャワーを当てるオナニーです。射精を介さずに塩吹きすることができますが、その代わりにいくらやっても射精ができません。快感も他のオナニーとは違ったマゾ向けのものですが、オーガニズムに達しないゆえに何時間でも続けることができます。

 ちなみに私は一日に8時間ほど行ったことがありますwwww あまりに長期間やり過ぎて手がふやけて痺れることもあり、その対策としてゴム手袋を着用するほど熱中したオナニーです。

 

 さて、上記の二つのオナニーはどちらも非常に長時間を要する面倒なオナニーです。しかしその快感を知っている私は以下のような思考回路を辿ります。

 オナニーしたい→でもオナニーするための数時間がもったいない、面倒くさい→でも普通のオナニーは気持ち良くないから嫌だ→やっぱりオナニー止めよう

 禁止するも何も、オナニーをすること自体が大変なことになったのです。

 

 そんなこんなで、かつてオナニストだった私もオナ禁を継続しています。今のところ失敗する気がしません。

 どうしてもオナ禁ができない人は、むしろ開き直って上級者向けのオナニーをしてみたらいかかがでしょうか。『押してダメなら引いてみろ』というやつです。特に2のオナニーはいくらやっても射精できない安心感があります。

 ただし、もしドラオーガニズムの才能があった場合、逆に今以上のオナニストになる可能性もあります。ドライオーガニズムの快感は女性のオーガニズムに匹敵すると言われいるので。それはそれで幸せかもしれませんが。